お知らせ

お知らせ

意識調査

2016.04.21

【ママの意識調査】仕事について②

子どもがいることで、職場に迷惑がかかってしまうと感じている一方、 職場や社会的な理解はそれほど進んでいないと感じているようです。

mmb2016_web_work_02-01.png

mmb2016_web_work_02-02.png

■子ども優先(病気・行事・勤務時間)

・子どもの行事や病気を考えると仕事をする気になれない

・子どもがいるので残業ができない

・ずっと仕事だけをしてきていわゆる晩婚。仕事は年々ハード になり、責任のある立場にもなる年齢での産休&育休。復 帰後保育園のお迎えの時間には間に合わないし、旦那さんの方が帰宅が遅いので、仕事と子育て・家事をやっていける気がしない。でも共働きでないと生活できない。来年の仕事復帰を考えると、かなり不安

■預け先 ・保育園の空き状況 ・旦那の転勤、子どもが体調不良になったとき頼める人が近くにいない

・身内が近くにいないので、娘が体調が悪かった時などは、仕事を休まざるを得ない

・子どもを預けるところ。祖父母は遠い住まいで毎日預けられない。民間に預けると高額

■職場へのしわ寄せ、遠慮

・突然お休みしなくてはいけなくなったとき、かなり迷惑がかかってしまうので

・子どもが体調不良のとき、休みづらい。時間に制約があるので、同僚にしわ寄せがいってしまう

・今、求職中。申し込みの時子どもの年齢を聞かれ、小さい子どもがいるとわかると面接さえしてもらえない

mmb2016_web_work_02-03.png

■職場の理解と協力

・子持ちへの理解。急な休みになっても対応できる人員の確保

・子持ちの人達への理解がかなり必要。働く側も嫌な顔されながらは精神的に厳しい

■地域・民間・職場の保育・預かりサポートの充実、低価格

・保育園幼稚園の制度をより良くする。預かりサポートなどの充実

■病児保育の充実

・子どもの突発的な病気に対して対応してくれる病院やシッターや保育所が充実すること。小学校高学年でも預かってくれる施設

■男性の理解・育児参加

・旦那様にも家事&子育てを協力してもらえたら頑張れる

・男性、女性がそれぞれの違いを認めあい理解した上、いいところを活かせばいい。平等というよりは、女性をもっと知ってほしい

・男性が育児協力できる制度&意識改革。子育て中の女性と いう理由で就職が不利にならぬよう、産後再就職しやすい環境を望む

■1人当たりの仕事量

・子どもが学校に行っている間だけできる仕事がたくさんあれば良い

・ 1人あたりの仕事量を減らす

・仕事を細分化したり、同じ仕事で交代要員が多数いるような仕事

■休暇取得のしやすい仕組み

・子どもがいるのがわかっていて、子どもの行事は休みにしてくれる所があると良い

・子育てに必要な急な休暇や融通がきくような制度。再就職への支援の充実。資格取得への支援の充実。格安で安心して子どもを預けられるところが整うと良い。

■再就職支援の充実

・女性の再就職へのハードルを低くしてほしい。20代30代は まだ復帰しやすいと思うが、40代での復帰は難しそう

・ハローワークの女性相談コーナーなどをもっと充実させて欲しい


ママ向けマーケティング10年の実績からなるクルール・プロジェのサービスを詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

banner-09.png

ページのトップ

クルール・プロジェ|COULEUR.PROJET

採用について
お問い合わせ 株式会社クルール・プロジェ

〒321-0933
栃木県宇都宮市簗瀬町1784-2
Yanaze BLDG 2F・4F

028-614-2558

プライバシーマーク
弊社はプライバシーマークの
付与認定業者です。