お知らせ

お知らせ

プレスリリース

2013.01.31

ダイハツ店舗で提供される子ども向けスイーツを開発しました

子育てママ向けフリーペーパー「クルール」を発行する、株式会社クルール・プロジェ(栃木県宇都宮市/代表取締役 阿久津 智子)は、栃木県の子どもたちをスイーツで喜ばせたいとの思いから、「クルール」誌面上にて、「栃木ダイハツ販売店舗で提供される子ども向けスイーツを、宇都宮市のコボリ洋菓子店とコラボレーションして、クルール読者のママと子どもの意見も聞きながら完成させる」という企画を行いました。そこで、完成したスイーツが、2月1日(金)〜28日(木)に期間限定で、栃木ダイハツ駒生店にて、子どもたちに無料提供されることになりましたので、お知らせいたします。

 

 

■「来店した子どもたちにも喜ばれるスイーツをつくりたい」が、企画の動機。

ダイハツの店舗では、もともと「ダイハツカフェ」として、オリジナルスイーツが提供されていましたが、大人向けのスイーツなので、「堅い」「甘くない」など、一緒に来店した子どもの口には合わないことも。また、アレルギーを持つ子どもには食べられない、という問題点もありました。「栃木県の子どもにもスイーツで喜んでもらいたい」が企画の動機です。

 

 

■コボリ洋菓子店がスイーツ開発に全面協力。

子ども向けスイーツを開発するにあたり、企画への協力をお願いしたところ、「子どもたちにこそ、本当においしいものを食べてもらいたい」との思いから、快諾してくれたコボリ洋菓子店小堀社長。栃木ダイハツ販売店舗スタッフと共に会議を行い、双方の意見を出し合いながら開発を進めました。

 

 

■「クルール」読者のママと子どもが、試食・投票で選んだスイーツ。

スイーツ開発に先立ち、「子どもに食べさせたいお菓子は?」と「クルール」読者にアンケート調査。試作品7種が出来上がった段階で、読者代表のママと子どもを実際に招き、試食も行って、その感想を聞きました。また、同時にウェブ上でクルール会員に人気投票を実施。試食の感想と投票結果を元に、実際に提供される3種のスイーツが決定しました。

 

 

■提供される子ども向けスイーツは、3種類。アレルギー対応で卵不使用のものも。

選ばれたスイーツは、ダイハツで提供されることから、クルマをかたどった「クルマの2色クッキー」、子どもが喜ぶかわいいピンク色で、フワフワの食感が試食でも大人気だった「ギモーヴ・フランボワーズ」、アレルギーのために出されたお菓子を食べられない子どもを1人でも少なくしたい、との思いからできた「卵をつかっていないクッキー」の3種類。

 

 

 

daihatsu_kidssweets.jpg

 

 




【関連するクルール・プロジェの事例もご覧ください】
□子どもたちのエコへの意識を認定する「キッズ☆エコマイスター」(栃木ダイハツ販売株式会社様)
□ママと一緒にキッズ・メニュー開発「キッズバイキングメニューの開発」(ホテルエピナール那須様)
□ママと一緒に商品開発「子どもたちのココロをはぐくむキッズデスク&チェア開発」(クルール・プロジェ)
□食について、ママと子どもに伝えたい!「納豆をテーマにした食育教室」(あづま食品株式会社様)



この「お知らせ」は、クルール・プロジェ 高川朋子が担当しています。

ページのトップ

クルール・プロジェ|COULEUR.PROJET

採用について
お問い合わせ 株式会社クルール・プロジェ

〒321-0933
栃木県宇都宮市簗瀬町1784-2
Yanaze BLDG 2F・4F

028-614-2558

プライバシーマーク
弊社はプライバシーマークの
付与認定業者です。